ホーム > ニュース > 本文

ルノーとJMCGが中国の電気自動車で提携

Feb 07, 2019

Groupe RenaultとJMCGは、急成長中の中国市場におけるEVの合意を発表しました。これは現在、世界のEV市場の50%を占めています。 Groupe Renaultは、JMCGの子会社であり、中国の主要EVプレーヤーの1人であるJMEVの大部分を占めることになります。

Groupe Renaultはこのようにして提供を完了し、国内での存在感を高め、JMEV開発をさらに支援します。

2015年以来、JMCGは南昌(江西省)にJMEVの会社を設立しました。 JMEVは2017年に38,000台の電気自動車を製造販売しました。同社のダイナミックなチームと国内での新エネルギー自動車の力強い成長のおかげで、JMEVは2018年に50,000台の電気自動車を販売する予定です。

Groupe Renaultの中国事業担当副社長、アジア太平洋地域の会長、FrançoisProvostは次のように述べています。「JMCGとの将来の合弁事業であるJMEVは、成長し、高い可能性の中で確固たる地位を確立することを目指して中国でのEVの市場。 JMEVは重要な地元の俳優です。 このプロジェクトは、Groupe Renaultの他の中国における活動とも非常に補完的です。」

JMCGのゼネラルマネージャーであるWan Jianrongは、次のように述べています。「Groupe Renaultは、ヨーロッパで電気自動車事業をリードする世界的に有名な自動車メーカーです。 そのため、JMEVとGroupe Renaultの協力により、JMCGの戦略に合った将来の開発が促進されます。」

JMCGとGroupe Renaultは、2019年に取引を終了する予定です。終了時に、南昌でのイベントでの協力について詳しく説明する予定です。

Groupe RenaultはヨーロッパのEVのリーダーです。ヨーロッパの道路の4 EVのうち1 EVがルノーです。 中国では3社の合弁会社を通じてプレゼンスがあります。